« | トップページ | バンクーバー 女子フィギア »

勘違いも・・・はなはだしい? 

コムデギャルソンの川久保玲さんが

『一本何百円のジーンズなんてありえない、

どこかで 誰かが 泣いているかもしれないのに

安すぎる服を着ていて良いのか』 と

いつぞやの 新聞インタビューでいっていたが 

そのコムデギャルソンも ワイズの破綻を契機に

価格戦略の見直しを迫られているようだ 

なんだかんだいっても 安いものは 消費者は 

喜んで 買う人もいるのだ  

ところで 先日面白いというか あまりにも

ばかげたというか 的外れだと感じた

ニュースがあった 

『 日本ネクタイ組合連合会 』 が 

夏場のネクタイ販売に悪影響があるとして 

クールビス推進の廃止を環境相に請願したという

なんでも クールビスが始まる2004年と比べ

2009年は3分の2まで売り上げが落ち込んだらしい

しかし 考えてみれば クールビズだけが

不振の原因だけでは 無いだろうし 世界的な

現在のエコ志向であれば ネクタイなしで 

エアコン節約等々は当たり前の流れで 

クールビズ廃止なんてありえないだろう 


そんな無謀な?懇願より ネクタイを締めると

涼しくなるクール機能とか 速乾性のある

ハンカチを作るとか そういう努力をしたほうが

前向きのような気がするが・・・・

同じような話で 驚いた事件といえば 


昨年、 新潟県加茂市で 

いま話題の 『 しまむら 』 が 販売好調に付き

店舗の増床をしたら

加茂市役所が これを阻止するために 

条例を改正して その条例をたてに

しまむらを 刑事告発した事件があった 

加茂市役所によると・・・


『 市内には すでに7つの大型店があり 

これ以上店舗面積が増えては 地元商店街が

壊滅の危機に瀕する』 という 

さっきの クールビズと 内容こそ違うが 

最終の消費者のことを考えれば 

まったく方向が違う議論で なんだか 

ばかげていると 感じるのは 僕だけだろうか?

そんなことしても 競争力のないところは

世の習いとして おそかれ早かれ

だめになるのになあ ・・・



« | トップページ | バンクーバー 女子フィギア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« | トップページ | バンクーバー 女子フィギア »