« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

平等であるべき?

そんなに相手に気を遣うと 疲れるでしょ?

そう思える人を見ると なぜその恋愛を

続けているのかが 不思議だ 

恋愛は平等だが ゆずりあう心や 

妥協する柔軟さは 必要だろう

しかし 恋愛関係となると いろいろなパタンがあるし  

時として 「ほれた弱み」という要素がからんで

どうしても二人の関係に偏りがでてしまいがちだ 

お金に惹かれる場合とか どうしても体が忘れられないとか

特殊な場合を除いて やはり あまりにも偏った恋愛は 

見ていても なぜ?と 思うのだけれど 

そのパタンが WEBのブログひとつとっても 

ものすごく多いのは 何故なのだろう? 

まあ 表面だけじゃ わからないから 

こんなこと 書いたところで しょうがないか・・・

しかし 相手がいくら 金持ちだろうが 

絶世の美人だろうが 医学博士だろうが 

不倫だろうが なんだろうが 変な気遣いや

遠慮をしなきゃいけない恋愛なんて 

ただただ むかつくだけだと 思うんだけどなあ 


| コメント (2)

それもいいさ

めくるめく快感を 覚えてしまった女性は

(そうゆうセックスを憶えこまされた人は) 

それ以下の セックスに満足できなくなる(だろう) 

いくら 愛があろうが 無かろうが

経験値で知ってしまったものは

忘れることは出来ないのではないか? 

となると 普通の結婚は難しい 

それこそ 結婚してからも・・・・ってことになる

ただ そういう女性は結婚して子供を生んで

暖かい生活は出来ないかもしれないが 

お金も困らない 快楽生活を送れる確率は高い 

若いうちが 楽しいなんて 

ある意味では最高かもしれないし

そういう人に限って いつまでも若く綺麗で 

なかなか年を取らず 50を過ぎても

男が相手をしてくれるような ばら色の

人生が送れるかもしれない 

| コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »