« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »

芸能界

麻薬汚染が あたりまえのように 

次々と 発覚する芸能界 

見つかっていない人 

見つかっていて 目をつけられていても

検挙までには至って いない人 

そんな人たちを含めたら

すごい数のひとが

潜在的にいるのだろうなぁ

まあしかし 東京という場所柄

いろいろなものが (金さえあれば) 

それが 違法なものだろうが 女だろうが

簡単に手に入るのだということは 

想像に難くはないけれど・・・  


それにしても メディアに露出して

いわゆる公人としての自覚があれば 

それなりの行動をするというのは 

芸能界に限らず 

常識人としての務めであろう 

それが タバコより害がないといわれていようが

法に触れるようなことは 普通ではなく 

異常なことだと

考えるべきであったように思う 


毎日 そんなニュースばかりで

うんざりだけれど 

またか という思いもある中  

これだけ (今までと違って) 

メディアの執拗な追求は

やはり 

意外性があった酒井法子であればこそだろう

『 清水健太郎  麻薬で またもや検挙 』 

なんてニュースなら

またかよ~ 

やっぱな~ で済んじゃうもんね  


それにしても 同じ違法薬物でも 

一人 女性が死んでいる 

押尾学の事件とかのほうが

よほど大ごとなのにねえ

それに ・・・ 大好きだった 

『 すこし 愛して  なが~く 愛して 』 の 

大原麗子の 孤独死の なんとも さらっと 

終わってしまったことか・・・    合掌 


| コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年10月 »